低温倉庫

Cold Warehouse


「ASANO低温システム」
低温倉庫3棟の所管面積は8,985㎡(2,722坪)、米穀保管としての最大収容力は23,000tとなり、県下最大規模です。政府備蓄米を保管する政府指定低温倉庫から業務をスタートして、現在では、米穀保管に限らず、工業製品の低温保管も行っています。

徹底した温湿度管理で安心安全の品質

「品質」をお守りする独自の技術

庫内の入り口から奥まで天井ダクトを整備し、独自の吸気システムと組み合わせることで、冷気が循環し隅々まで行き届きます。この最新設備が全ての場所でムラなく最適な保管と温湿度管理を実現しています。

制 御 盤

庫内の空調温度、湿度、換気、エアカーテン(外気や害虫などの侵入を防ぐ)を数値の見える制御パネルで一括集中管理しています。

頑丈なセキュリティー扉

厚さ12cmの防犯システムの入った頑丈な扉が、大切な貨物と冷気をしっかりと守っています。夜間は扉の開閉をセキュリティーセンサーで監視しています。